債務整理の弁護士と司法書士の違い

債務整理の弁護士と司法書士の違い はコメントを受け付けていません。

お金がどうしても必要っていう時はだれにでもありますが、そんな時にキャッシングやカードローンは気軽にお金を借りられる手段です。
しかしお金をかりたら返済をしなければならないので、借金返済はとっても大変です。
しかも借金返済中にまたお金を借りてしまったら、完済するまでに長い年月がかかってしまいます。
また返済のために借金を重ねてしまうと、借金が減るどころか増えてしまいます。
そんな借金をなんとかするためには債務整理を検討してみるといいですよ。
債務整理とは借金を減らしたり、無くしたりする事ができる手続きで法律の専門家である弁護士や司法書士に相談してみるといいですよ。
借金の相談をインターネットで検索してみると弁護士と司法書士が見つかりますが、債務整理の手続きや解決方法は相談する相手によって異なります。
債務整理の場合弁護士と司法書士では違いがあり、弁護士は法律相談、代理人として貸金業者との交渉や訴訟ができます。
司法書士は140万円以下の個別の債権額(借金および過払い金)に限り、法律相談、交渉、訴訟ができます。

5月 27, 2018 · Posted in その他